for English

設計解析 3次元設計/構造解析

3次元設計+構造解析により、「製品の初期設計から最終製品まで」一貫受託が可能です。
昨今では、サニタリー性が必要とされる医療分野の機械装置、食品分野の機械装置をはじめ、製品開発の段階から携わり、
お客様と共に『付加価値のあるものづくり」を行っています。

3次元設計 コミュニケーションの円滑化とデザイン思考で提案

2次元設計の時は三面図を展開図に書き直し、でき上がりの製品は設計者・製造者の頭の中で想像するしかありませんでした。
3次元設計では、事前に顕在化していない形状の矛盾なども確認することができ、より正確な形状をお客様と確認しながら、仕様を決定することができます。
その為、スピード感あふれるものづくりが可能です。
また電話やメールを使ったお客様とのやり取りも円滑化され、時間とコストの削減はもちろんのこと、設計者、製造者が心をあわせることで、
より良い『ものづくり』に繋がっています。

解析技術 構造解析でプラスアルファーの価値を生む

2006年に構造解析ソフト『Simulation Professional』導入、
2007年には熱流体解析ソフト『Flow Simulation』を導入したことで、試作前に不要部品の削減や補強部品の追加などを具体的に検討できます。
解析することによって試作後のトラブルを回避することができ、さらにコストと時間を削減することが可能になりました。
強度解析・熱・流体解析・転倒角解析などの解析技術の向上により、デザイナー・設計開発者の方々と製品開発に取り組んでいます。


技術紹介詳細